海外不動産投資とは

キッチン

海外不動産投資の相場

海外における不動産投資というのは、国によって違いますが新興国などでは高額化が進んでいる傾向が有ります。 例えば中国などは不動産バブルと言われて長く、もうそろそろ崩れる崩れると予言している雑誌や投資家なども居ますが完全に崩壊するのは当分先の話です。 他の諸外国でも成長が見込める新興国の首都圏などの不動産価格高騰を計算して今のうちに海外不動産投資に走る投資家というのは日本のみならず世界中におり、それが不動産価格の高騰を招いています。 一方でそのあおりが庶民に来ているという批判も現地では多く、国が本格的な規制に乗り出す動きがある国もあり、今後はこの相場がどのように変わっていくかは未知数な状態となっています。

海外不動産投資というのは、バブルの頃から盛んにおこなわれていました 当時は土地神話が花盛りな上に、国内だけではすでに飽和状態となりつつあった投資先を探して日本人が世界中に目を向けていた時代ですので、その中に不動産投資というのも含まれていたのです。 その後バブル崩壊と共に下火になりますが、最近はインターネットの発達により物件が探しやすくなったという事と、国内物件や物価の高騰により、老後の移住先として海外不動産投資を同時に行うという人が増えてきています。 また最近では新興国の経済成長が著しく、こういった国での工業化は一般的に土地価格の向上をもたらすのでそう言った土地に対しての海外不動産投資というのも増えてきています。